ぱお吉の庭の様子や庭の外の事などをお伝えしてまいります。


by ぱお吉
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ジャクリーヌ デュ プレ

遊びに来てくださったみなさん、こんばんわ。
いやはや、蒸し暑い(>_<) ここ数日づっと・・・
今日は午後3時頃ちょっと強めのにわか雨が降ったのですが・・・
それでも涼しくはなりませんでした。
庭の植物達は喜んだのかな?

昨日今日とお休みだったので昨日はキト酸+木酢を久し振りに噴霧。
今日は鉢ものにキト酸溶液を灌水♪ 
色々やっても秋はあまり咲かないんだけど・・・
ま、気は心 ^^ こりからもせっせとお世話してまいります♪

さて、今回は「ジャクリーヌ デュプレ」をご紹介します。
「あっ・・これかわいい」
「うちの庭に入れよう」と決めてから2年以上が経った昨年の冬にやっと大苗を手に入れました。
しかしその苗はいま一つ調子がよくないもので5月になる前に枯れてしまいました(-_-;)

昨年苗を注文してから「ジャクリーヌ デュプレってどんな人?」と言う疑問が浮かんできました。
「バラ大百科」には「夭折した天才チェリストの名にちなむ」と書いてありましたので検索すると・・・
16歳の時の演奏で世界的な名声を得たまさしく天才。
なんとなく興味が湧いてきてCDを2枚、そして彼女の姉と弟とで共著した本も購入・・。
CDは録音が古いので音がちょっと残念 (^^ゞ
本の内容は「天才って言われるような人の事はおいらのような凡人には窺い知れないなぁ・・」って感じ。
「エピローグ」にこのバラの事が登場するのでそのまま引用いたします。

青い花崗岩の墓石に掘りこまれた金色の文字が、初秋の陽射しを受けて輝いていた。
墓の隅には薔薇が繁っていた。薔薇交配家のピーター・ハークネスの育てた品種の中から、ジャッキー自身が選び、彼女の名前を付けた薔薇だ。
その頃すでにジャッキーの視力はかなり衰えていたので、匂いで選んだのだそうだ。薄いクリームピンクのその花は、ジャッキーの華麗なまでに自由で野生的な精神の象徴のようだった。
<風のジャクリーヌ ある真実の物語>より引用

彼女は26歳頃に「多発性硬化症」という難病を発症したようです。
この病気は中枢神経を壊し身体の自由が効かなくなる「難病」です。
病によって1978年にはチェロを弾く事ができなくなっていた天才・・・
1987年に42歳亡くなられたのですがさぞ辛かったろうなぁ・・・。
ハークネスのバラ「ジャクリーヌ デュプレ」の作出年は1988年。
彼女が亡くなった翌年に発表されたんですネ。
「英国で大変人気のあった天才チェリストに遺贈した」ものではなく
彼女が生前自ら選んだバラだったのがうれしかった・・・。
d0166303_2321588.jpg

へ? 枯れちゃったのに何故写真が??
んとねぇ、5月にローズアンティークさんに「バブルバス」を頼んだ時一緒に注文してたにょ ^m^
蕾が二つ付いて到着したんだけど、大きいほう残しておいたら今朝咲いていました♪
香りは・・・ボキャ貧のぱお吉にはうまくお伝えできませんが「いい匂い」でした ^^
赤いしべがチャーミング♪
でも、色は白いよー・・・。
クリームピンクじゃないんだけど・・・何故だろ??

ご覧くださってありがとうございました m(_ _)m
トラックバックURL : http://paokiti.exblog.jp/tb/14539935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miniko at 2011-09-12 17:58 x
そうだったんですね。。。
ご自身がお選びになったバラだったんだ
花びらが少ないから、香りも薄いと思っていて
香りを嗅いだ事なかったのですが
次は、香りを嗅いでみようと思います

そうそう
お茶会の日じゃなくてもいいですよ?
Commented by paokiti1959 at 2011-09-12 23:09
☆ minikoたん、こんばんわ♪
そうだったんだねー。
この文章を読んで「バラの名前の付け方」にこんな事があるのか!
と、ちょっとべっくらしたぱお吉でした。
古くからバラを交配していた人達は自分で創ったバラの名前をどうやって決めていたんだろ?
「公爵様、あなたの奥様はお美しいので私の薔薇の名にしても構いませんか?」なんてしおらしいこと言ってた?
ぱお吉はぁ・・・色々と妄想 (笑)

バラ職人   「大旦那、日頃の浮気の罪滅ぼしに奥様の名を付けた薔薇などを贈られたらいかがです??」
・・・「ドスッ」と小さな皮袋に入った金貨が机の上に投げられ
お金持ちの旦那「そか、そりでわ女人が好みそうな花に家内の名をつけて届けておけ ^^」
バラ職人 「へへーい、まいどー m(_ _)m」
・・・なんてね(笑)

香り・・・
いつかたくさん咲いたら亡き天才チェリストを偲んで目をつむって香りを確めようと思います。
minikoたんも是非 (^_-)-☆

花壇。
ありがと ^^ そうだね♪
お花を見て、minikoたんとお話しできれば楽しいんだから
日にちには拘らなくてもいいネ。
きっとおさちゃんが来る日は雨だろうし ^m^
Commented by  HISAKO at 2011-09-15 15:25 x
ぱお吉さん、こんにちは(^-^*)/
minikoちゃんもお久しぶり!元気だったかにゃ?

ジャクリーヌ デュプレ
ROSYさんの一等お気に入りの薔薇なんですよ。
なので彼女から、ジャクリーヌ デュプレ その人のこと
お話聞いたことがありました。
ROSYちゃんと語れるときがあったら、きっと
延々続いていくと思います。
そう、ジャクリーヌ デュプレ 自身が香りで選んだ薔薇っていうのが
なんとも切なく、だからこそ、
香りがものすごく大切な薔薇になりますね。
Commented by paokiti1959 at 2011-09-15 22:07
☆ HISAKOさん、こんばんわ♪
先ほどわども ^^

えー? そうなんでしゅかー??
去年‘駅中’でお茶してたときはお話ししてくれてないよね?
ROSYさん・・・バラも、そして彼女の事もふかぁ~く愛してるのかしら?
是非お話し聞かせてもらいたいです♪

ハークネス氏がとれだけの新しいバラを彼女の下に持っていったのかはわかりませんが
その中から香りで選ばれたバラを私は「美しい」と感じ、彼女の事を知るよすがとなりました。
これからお花が咲くたびに庭に居る他のバラとはまた違った思いを感じていくんだろなぁ・・・
ぱお吉も‘一等お気に入りのバラ’になっちゃうかもネ ^m^
by paokiti1959 | 2011-09-11 23:35 | バラ | Trackback | Comments(4)